奪い愛冬 うばいあいふゆ 感想 ネタバレ

奪い愛冬=うばいあいふゆ 感想 ネタバレ

このドラマを見ようと思ったのは、倉科カナさんが大好きで、昔から倉科カナさんの出演してきたドラマは欠かさず見ていたからです。私の勝手なイメージかもしれませんが、倉科カナさんは清楚なイメージの役柄が多かったようなイメージでしたが、今回のドラマは、

今までとは全く違ったちょっと悪い女性の雰囲気がとても新鮮で引き込まれてしまっています。はっきり言ってドロドロした恋愛感情のもつれが、赤裸々に表現されているドラマだと思います。

俳優陣もとても豪華で、なかでも榊原郁恵さんと水野美紀さんが、とても意地悪な役柄を公演していて必見です。倉科カナさんが、自分の心に蓋をして婚約者を好きになろうとしてますが、

やはり元カレが忘れられない切ない恋模様が、これからどのように展開されていくかが楽しみです。

 


脚本:鈴木おさむ

演出:樹下直美、星野和成、小松隆志
主題歌:AAA「MAGIC」(avex trax

原作なし

再放送なし

池内光  倉科カナ
かつて死ぬほど愛していた元彼と突然再会してしまう。

 

奥川美佐 榊原郁恵、康太の母 息子を溺愛、光が嫌い

豊野秀子 秋元才加 基本関係ない

武田玄  三宅弘城、光に一度告白して振られる

尾上礼香 ダレノガレ明美、こうたの元カノ
今でも気がある

森山信  大谷亮平、光のかつて愛した人
4話ではついに想いを伝える
訳あって光の前から一方的に姿を消す

森山蘭  水野美紀、信の妻
怖い、それほどまでに信一筋


池内麻紀 キムラ緑子、光の母、女手一つで光を育ててきた。


奥川康太 三浦翔平、光の婚約者
しだいに壊れていく

 

dorama-kansou.hatenadiary.jp