NHKプレミアムドラマ珈琲屋の人々あらすじ ネタバレ 原作の感想

 

高橋克典主演NHKプレミアムドラマ 珈琲屋の人々あらすじ ネタバレ

省子の家は団子屋だ、それもかなりうまいと評判の

しかし、家計は火の車

省子は父・健治が母と話してるのを耳にする

自己破産か自殺しかない

自己破産しても、この年の俺を雇ってくれる所などないだろう

それならば、自殺して生命保険で支払いを済ませよう、、、、

省子は信じれなかった

家計は苦しいのは知っていたが、ここまでとは、、、

しばらくして、健治が自殺を図る。

幸い、一命は取り止めたものの、省子のショックは大きい。


省子は借金返済のため援助交際を決意する。


友達の弓代は同い年の高校2年生

高校2年生だが、援交の元締めをしてるともっぱら評判だ

省子は弓代に援交をしたいと申し出た

弓代は笑いながら、あんたには無理だよと、取り合ってくれない

それでも省子は引き下がらない、

弓代は念を押す

「土壇場で出来ませんは無しだよ!」

頷く省子

「客と連絡が付いたら連絡する、私には20%バックで、、、、」

省子は腹を決めた

しばらくして、弓代から連絡が入った

30万で話が付いた

初めてと言う事にしてるからと


「だけど、もう一度念を押すね、ドタキャンは絶対許さないよ」

そして、当日 中年の腹の突き出たオヤジが現れた

そしてホテルへ

腹を決めた省子だったが、家族の顔がチラツキ、オヤジが覆いかぶさって来たとき、

「やっぱり 私 嫌だ」、、、心の底から思った

その瞬間、突き飛ばしてホテルをあとにする

次の日弓代に屋上に呼びだされた

だから言ったんだ!

弓代は怒り、罵倒した

この落とし前はどう付けるんだ省子

あんたは私の顔に泥を塗った

20万今日中に用意しな

出来なければ、、、、、

頷く省子

省子が全財産をかき集めるが、、9万しかない

どうしよう、、、、

知らず知らずの内に行介の珈琲屋に向かっていた

涙ながら、事の顛末を行介に話す省子

行介は黙って静かに聞いていた

その時弓代が現れた

行介の取った行動とは?

省子の下した決断とは?